福山インプラントアカデミー土屋歯科医院

インプラントについて知る

ABOUT
IMPLANT

インプラントと他の治療法との比較

歯列の欠損を長期間放置している場合、 両隣の歯や反対側の歯が欠損部位に向かって傾いたり (傾斜)、 伸びたり (挺出) してきま す。 それによりお口全体の噛み合わせのバランスが崩れ、 見た目が悪くなるだけでなく他の歯の寿命を縮めてしまうことに繋がりま す。 そのため歯を失ってしまった場合、 欠損部を補う治療が必要になります。

歯を失ってしまった場合の
治療法

  • ブリッジ (保険 自由診療どちらも可能)
    • ブリッジ (保険 自由診療どちらも可能)

      両隣の歯を削って、 人工の歯をかぶせます。

      • ・ご自身の歯と近い感覚で噛むことができます。
      • ・固定式なので管理が簡単です。
      • ・柱となる歯を削る必要があります。
      • ・欠損の本数が多い場合や残っている歯の状態によっては作製が困難な 場合があります。
  • 入れ歯(保険・自由診療どちらも可能)
    • 入れ歯(保険・自由診療どちらも可能)

      総入れ歯 歯が1本もない場合が適応です。
      部分入れ歯: 両隣の歯や反対側の歯に金具をかけて人工の歯を固定します。

      • ・周囲の歯や組織への侵襲は最小限です。
      • ・1歯の欠損から全顎欠損まで対応可能です。
      • ・着脱式なため管理が面倒です。
      • ・インプラントやブリッジに比べて噛み心地は劣り、違和感が強いです。
      • ・部分入れ歯の場合は入れ歯を固定する金具が見えてしまうことがあります。
  • インプラント(自由診療)
    • インプラント(自由診療)

      骨の中にインプラントを埋め込み、 その上に人工の歯を作ります。
      インプラントを埋め込み、その上に歯冠を固定します。

      • ・周囲の歯を削らずに歯を作ることができます。
      • ・1歯の欠損から全顎欠損まで対応可能です。
      • ・骨で固定しているため、 ご自身の歯と近い感覚で噛むことができ、 審美的な形態で歯を作ることができます。
      • ・固定式のため普通の歯のように生活ができます。
      • ・手術を必要とします。

アクセス ACCESS